The Savoir-Faire

______

“伝統を持って見つめ直す”

The Scenery

ラ・リザーブ・ロワイヤルは、有名な杜氏が、アバンギャルドな醸造所のその塀の中で、今日見られる最高のビールをすでに発明、醸造していた、北ベルギーのハレンでその生を受けました。
モルトとホップの味わいの完璧なバランスを見つけるまでに、二年近くもの間、実験を重ねました。

キメ細やかなバブルとライトヘッドを実現するために、その泡立ちには特に注意が払われています。また、ボトル入りのビールにしては珍しく、フルーティーさがほとんどありません。

最高の原料の独創的なブレンドと、高度で伝統的な醸造技術が、完璧なスタイルと品格を併せ持つ、ラ・リザーブ・ロワイヤルのような「高貴な商品」と呼ばれるに相応しいビールに、命を吹き込みました。
それゆえ、ごく限られた数量で生産されているのです。

The Production

ラ・リザーブ・ロワイヤルは、品質と伝統に重きを置いた家族経営の小さな工房で、100%ベルギー及び周辺地域で採れた素材を使用し、世界でも最高のモルツと薫り高いホップをブレンドし醸造されています。

下面発酵された工業的なビールとは違い、リザーブ・ロワイヤルは、品質の確かさを表す伝統的な技術で鑑定家の目には明らかな違いを見せる、上面発酵にて醸造されています。ボトル詰めされた後、25℃に保たれた湿潤暗所で、20日間再発酵されます。その後、冷所で休ませて、熟成のプロセスを完成させます。

上面発酵と、ボトル内発酵の二段階の醸造技術により、最高に洗練された料理にすら併せる価値のある、非常に複雑でリッチな薫りを実現しています。

Latest from our instagram

@reserveroyale

This error message is only visible to WordPress admins

Error: There is no connected account for the user 2337364615 Feed will not update.

Error: admin-ajax.php test was not successful. Some features may not be available.

Please visit this page to troubleshoot.